読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ ミュージカル観察日記

アニメとマンガとミュージカル(主に劇団四季)大好きな都内在住女子大生 主に演劇やアニメの感想を書きます 好きな声優 中村悠一さん 好きな四季俳優 三平果歩さん 飯田達郎さん ツイッターアカウント https://twitter.com/KG61cYcDnBsO7yt?s=09

ミュージカル レント


f:id:chucky-525-youth:20161220131930j:plain

ミュージカル rent
今日は私的大買い物をしました。
それは、、、
Rent 来日公演版のチケット!!
た、高かった💦💦💦しかもめっちゃ遠い席
しかも日付が1231
そう、大晦日に一人で見に行きます。

レポは絶対書きます!
で、この記事では何を書くかと言うと、、、私のrentへの愛について主に書こうと思っております。

いや、ぶっちゃけ生の舞台は今回が初めてなのですが、映画のdvdは購入済みで鬼リピしとりますし、舞台版のdvdは何度かレンタルしてみとります。
CDも飽きるほどに聞きました。

今まで舞台をみてこなかった理由としてはただひとつ『日本語の歌詞ださくねっ?』と思ってたからです

例えばrentのなかで一番有名な曲seasons of love
一回くらいは聞いたこともある人もいると思います
https://youtu.be/UvyHuse6buY
この動画の歌です
私この曲だめなんだよな💦💦 大好きで


日本語訳がきになるひとはこっち
アメリカのミュージカルドラマ
Gleeのカバーの映像だけど こっちは日本語字幕がついてます
https://youtu.be/69hJMeB808k


この歌の歌詞が
5hundred 25thousand 6hundred minutes
の部分が
52万5600~
となるんですよ
それ以外訳しようがないのですがなんかださくない?

というわけで私は英語のrentしか受け付けませんでした
なので今回の来日公演の話を聞いたときは絶対いく!と決意してました
まぁすっかり忘れてたんですけど💦💦
あらすじは
1989年のクリスマスから1年間にかけてのニューヨーク。レント(家賃)も払えないほど貧乏な若者たちの物語。
レズだったりゲイだったりヤク中だったりエイズもちだったり、みんなそれぞれわけあり。
そんな中でもそれぞれ希望を見いだしていく という話。



ではrentの魅力について
まず何よりも主役カップルが好き!

主役のロジャーは元々は人気のバンドマンだったんだけど元恋人がエイズで死んでから家にひきこもり。

自身もエイズを患ってしまったから死ぬまでに一曲名曲を書きたい!と願っている。元ヤク中。

相手役のミミはSM系クラブのダンサー。彼女もエイズを患っている。ヤク中。

この二人が病気を抱えながらも結ばれていく過程がすごい好き。


他の登場人物も個性的
一番好きなのはエンジェルかな
ドラァグクイーンでドラマー
もうねめちゃくちゃかわいいの😆😆
彼女もエイズを患っているんだけど悲観せず前向きに生きようとしてるしね。


てか80年代のアメリカはエイズが流行っていたみたいね これで知った💦💦

あと、音楽がすごい好き。
いろんな音楽があんの。
さっきあげたSeasons of love はゴスペル
Light my candle はチャチャ
Rent はロック
Tango モーリーン(綴りわからん)はタンゴ などなど。
好きな曲はone song glory かな
ロジャーが死ぬ前に一曲名曲を書きたいって歌う曲。最高にかっこいいよ!
(この曲を生で聞きたいがためだけにアダムパスカル『ブロードウェイオリジナルキャストで映画版のキャスト』がでるコンサートに行ったのはここだけの話。)


ミミが歌うOut tonight もすき。
ダンスショーのときに歌ってるんだけどセクシーでカッコよくてね
Rentも好きだしwhat you own も好きだし、light my candle も好きだし、another day もすき。
というか嫌いな曲がない。


なんかものすごく駄文になってしまった まぁいいか


ちなみにレントには逸話があって、
脚本と作詞作曲を担当したジョナサンラーソンにはゲイの友達やエイズで亡くなった友達がいたりと、このレントは自身の体験談を基に書かれているらしい。

で、ジョナサンラーソンも病気でこのミュージカルが開演する前日に35才の若さでなくなってるんだよね。
それを受けてカーテンコールで舞台にthank you ジョナサンラーソンってスライドで投影されるのが今でも伝統になっているらしい。

長くなっちゃった💦💦💦
まぁ、このミュージカルは台詞がほとんどなくて歌だけで話が進んでいくから好みは別れるだろうけどよかったら是非。